《はじめての方でも安心》大阪でオススメの個室マッサージはここ!

個人マッサージの効果を高めるためのポイント

2018年09月28日 13時30分

個人マッサージの場合は、他の利用客と同じ部屋でマッサージを受ける必要がなく、自分一人だけのプライベートな時間を楽しめるということが一番の魅力です。
そこで続いては、個人マッサージの効果をより高めるためのポイントをいくつか紹介します。
 
■セラピストへの要望を事前にまとめておく
プライベートな空間と時間を満喫するために、施術前に「セラピストへの要望をまとめておく」ようにしましょう。マッサージを始める前にセラピストによるヒアリングがあるので、気になることや不安なことがある場合はその時に相談します。例えば、首や肩回りなど、特に疲労が蓄積している箇所があれば事前に伝えて、その箇所を重点的にマッサージしてもらいましょう。
 
■集中できない時は雰囲気を変えてみる
はじめてアロママッサージを受ける方は、最初はどうしても緊張してしまいがちです。そのため、施術中にどうしても緊張が取れなくて、マッサージに集中できないという時は、照明の明るさを調整したり、セラピストと会話をしたりして、「雰囲気を変えてみる」というのが一つのポイントです。
また、室内の温度が低すぎるとカラダが強張ってしまうので、温度を調節してもらったり、タオルを借りたりしながら、心もカラダもリラックスした状態でマッサージを受けられるようにしましょう。
 
■相性の良いセラピストを指名して効果を高める
アロママッサージの効果を左右するといっても過言ではない要素、それがセラピストとの相性です。何人ものセラピストがいますが、それぞれマッサージの進め方や指圧の強弱、雰囲気、話し方などが異なるため、中には相性の良いセラピストもいれば、相性の良くないセラピストもいます。
そのため、何度かアロママッサージを試して信頼できる相性の良いセラピストに出会えたら、毎回そのセラピストを指名してマッサージを受けることをオススメします。
 
■定期的に通って疲労やストレスを解消する
個室マッサージに通う回数は人それぞれですが、できれば疲労やストレスが酷くなるまえに通われることをオススメします。アロマトリートメントは、体内に溜まった老廃物や毒素を体外に排出しやすくするために、アロマオイルとオールハンドマッサージで全身を揉みほぐしてリンパや血液の流れを改善させます。
リンパや血液の流れが改善されると、カラダのむくみや冷え、肩や首の凝りなどの症状が和らぐなどの効果が見られるほか、このような症状を予防するといった効果も期待できます。仕事の疲れや人付き合いによるストレスを長く放置してしまうと、朝起きたときに疲れが取れなくて仕事のパフォーマンスが落ちる、気分の浮き沈みが激しい…など、悪循環を繰り返してしまいます。そのため、疲労やストレスが酷くなるまえに、定期的に個人マッサージを利用することをオススメします。
 

日常の疲れやストレスから離れて心とカラダを癒したいという方は、ぜひ大阪の個室マッサージ「TORANOKOSPA(トラノコスパ)」のアロマトリートメントをご利用ください。メンズエステの本質を突き詰めた癒しのプロによって、はじめての方でも肉体疲労や精神的なストレスが解消されていくのをご実感いただけます。